アロマのできる加湿器にはどんなものがあるの?

加湿器のタイプはいろいろなものがあります。

ただ部屋を加湿するだけではなく、アロマで癒し効果が期待できるものも。

今回はそんな加湿器でアロマができるものについて調べてみました。


楽天市場で「アロマ加湿器」と検索すると、アロマ加湿器用のアロマやポット、洗浄剤なんかも含めて591件ものヒットがありました。

その中からアロマ加湿器本体をピックアップです。


価格の低いものから順に並べていくと、安いものはやはり小型のパーソナル加湿器なるものが多く並んでますね。

一番安かったものは、きのこ型の携帯ミニアロマ加湿器で2604円でした。

これは、卓上の気化式加湿器で、アロマテラピーとして使うときは水タンクの中に直接アロマオイルを1滴垂らすのだそうです。

USBにも対応しているので、パソコン前でも使用できるのだとか。


他には安らぎ空間・静音アロマ加湿器がありました。

これは、アロマを入れるための引き出しがついていて、そこにアロマオイルを垂らすことでアロマ効果が期待できるのだとか。

これもやはり気化式です。


他にはイワタニのスチーム式アロマ加湿器。

これは名前の通りスチーム式の加湿器です。

アロマカップがついていて、そこにアロマオイルを入れるのだそうです。


ちなみに、これからの花粉の季節、入れるアロマはペパーミントやユーカリ、ラベンダーなどを入れると、鼻がスーッとして快適に過ごせるらしいですよ。

風邪で鼻が詰まって…なんていうときも、ユーカリはオススメです。

上手に使って、癒し空間を作ってくださいね。

±0加湿器ってどんなの?

±0加湿器って、人気があるみたいですね。

どんな加湿器なのかしら?と思って、「プラスマイナス0加湿器」って検索すると、まぁるいかわいい加湿器が出てきました。


プラスマイナスゼロっていうのは、オブジェのような家電をデザインする日本の家電デザイナーズブランドなのだそうです。

±0加湿器は水滴をイメージして作られているのだとか。

2004年にはじめてのこのシリーズの加湿器が登場して、現在はバージョン3。

カラーバリエーションも、オレンジ、ホワイト、ライトブルー、ピンク、ベージュ、ブラウン、ブルー、ディープグリーンの8色あります。


スチームファン式の加湿器で、アロマ用のポットもついています。

この加湿器の特徴は、何といっても加湿時間が長いこと。

標準モードでも8時間、長時間モードに切り替えると何と18時間も加湿することができるんですって。

職人さんの手作業による塗装の仕上げで、プラスチックの合わせ目がない、まさに水滴のような外観が実現しているというこだわりぶり。

加湿器のシーズンでなくても、部屋のオブジェとして使えそうですね。


±0のホームページを見ていたら、2004年のモデルの商品回収修理&交換のお知らせというところがありました。

2004年4月から2005年2月までに販売されていた±0の加湿器で、一部に水漏れの不具合があって、極めて稀ではあるけれど過電流による発熱、発煙に至ることがあるのだそうです。

新聞やインターネットなどで広告を出して回収修理・交換をしているけれど、まだ未回収のものがあるのだとか。

±0の加湿器を持っているよっていう方は、一度製造年をチェックしてみてみてくださいね。

該当の商品だった場合は、修理センターで受け付けているのだそうです。


かわいい癒し系の加湿器。

加湿器としてだけじゃなく、スタイリッシュな置物としても使える加湿器。

いかがでしょう?

ハイブリッド式の加湿器のお手入れの方法は?

ハイブリッド式加湿器は、スチームファン式の加湿器とヒーター式加湿器の両方の機能をあわせ持った加湿器です。

今回はハイブリッド式加湿器のお手入れの方法について調べてみました。

ハイブリッド式加湿器は、冒頭に書いたように、スチームファン式の加湿器とヒーター式の加湿器が合わさったようなものです。

だから、部品もそれらの加湿器についているような部品がついています。

まずは、コンセントを抜いてから、それらの部品を説明書を見ながら取り外していく作業から始まります。

取り外すことのできる主な部品は、吸気口、タンクやトレー、加湿フィルターです。


次は、取り外した部品たちを弱い流水で洗います。

洗える部品はタンクやトレー、加湿フィルターです。

タンクは特にキャップの部分を念入りに洗いましょう。

ここが水垢で詰まっていると故障の原因になるそうです。

外せない部分(蒸気の噴き出し口)は布でホコリをふき取ります。

後は、説明書を見ながら外した部品をセットして完了です。


日々のお手入れは、タンク(特にキャップの部分)をきれいに洗ってから水を注ぐという習慣を身につければ、あとは月に1度の手入れで大丈夫なのだそうです。


きちんと手入れをして、きれいな空気を吸いたいですね。

加湿器にはどんな種類があるの?

冬になると大活躍する加湿器。

どんな種類があるのでしょうか?

調べてみました。


加湿器は大きく分けて3種類があるのだそうです。

スチーム式の加湿器(スチームファン式とも言うそうです)、超音波式の加湿器、気化式の加湿器の3種類です。


スチーム式(スチームファン式)の加湿器は、お湯を沸かしてその蒸気で部屋を加湿するという特徴があります。

私が小さいころ、実家ではストーブの上にやかんを置いていましたが、それと同じ原理です。

このタイプの加湿器の長所は、加湿能力が大きいことと、沸騰させた蒸気で加湿するので雑菌などは死に、衛生的であるということがあげられます。

欠点といえば、噴出し口が熱いので(最近は熱くないものも開発されているようですが)、赤ちゃんや子どもがいる家では危険だということです。


超音波式の加湿器は、水を超音波振動によって細かくして、それをファンによって噴き出すというものだそうです。

長所は、加湿能力が大きいこと、加湿器自体が安価なことです。

しかし、水の成分そのままが噴出してくるので、きちんとタンクの掃除をして清潔に保たなければいけません。


気化式の加湿器は、水をフィルターの中を通して蒸発させるのだそうです。

長所は、熱くもならないし、フィルターを通すので、雑菌やミネラル分が噴出されるということもないようです。

フィルターのお手入れはきちんとしておかないと、カビが繁殖したり水が腐ってしまったりするそうです。

それと、フィルター自体の寿命があります。


それぞれ一長一短のようですので、自分に合った加湿器を選ぶといいですね。

加湿器を選ぶコツは?

加湿器にもいろいろな種類があります。

どのように選んだらいいのでしょうか?

調べてみました。

まずは、加湿器のタイプを知ることです。

加湿器にはスチームファン式(過熱式)、ヒーターレスファン式(気化式)、ハイブリッド式(加熱気化式)があります。

スチームファン式は、やかんでお湯を沸かすようなイメージで、加湿パワーが高くて即効性がある、衛生的であるという長所と、消費電力が大きい、噴出し口が熱くなるという短所を併せ持っています。

ヒーターレスファン式は室内で洗濯物を乾かすようなイメージの加湿器で、噴出し口が熱くならない、消費電力が少ないという長所と、加湿パワーが弱く即効性がない、フィルターの交換が必要という短所を併せ持っています。

ハイブリッド式はスチームファン式とヒーターレスファン式の両者のいいところを併せ持ったようなタイプです。

両者の仕組みを併せ持っているので効率がよく省エネである、噴出し口が熱くならないという長所と、フィルターの交換が必要であるという短所を併せ持っています。


使い方によって選ぶとすると、使用時間が短かったり、短時間で加湿効率をあげたかったりするならスチーム式、長時間使用するのでコストパフォーマンスも重要だけど加湿パワーも重要であるならハイブリッド式、小さい子どもがいるならヒーターレス式という選び方があります。


目的に応じて、最適な加湿器を選んでくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。