アロマのできる加湿器にはどんなものがあるの?

加湿器のタイプはいろいろなものがあります。

ただ部屋を加湿するだけではなく、アロマで癒し効果が期待できるものも。

今回はそんな加湿器でアロマができるものについて調べてみました。


楽天市場で「アロマ加湿器」と検索すると、アロマ加湿器用のアロマやポット、洗浄剤なんかも含めて591件ものヒットがありました。

その中からアロマ加湿器本体をピックアップです。


価格の低いものから順に並べていくと、安いものはやはり小型のパーソナル加湿器なるものが多く並んでますね。

一番安かったものは、きのこ型の携帯ミニアロマ加湿器で2604円でした。

これは、卓上の気化式加湿器で、アロマテラピーとして使うときは水タンクの中に直接アロマオイルを1滴垂らすのだそうです。

USBにも対応しているので、パソコン前でも使用できるのだとか。


他には安らぎ空間・静音アロマ加湿器がありました。

これは、アロマを入れるための引き出しがついていて、そこにアロマオイルを垂らすことでアロマ効果が期待できるのだとか。

これもやはり気化式です。


他にはイワタニのスチーム式アロマ加湿器。

これは名前の通りスチーム式の加湿器です。

アロマカップがついていて、そこにアロマオイルを入れるのだそうです。


ちなみに、これからの花粉の季節、入れるアロマはペパーミントやユーカリ、ラベンダーなどを入れると、鼻がスーッとして快適に過ごせるらしいですよ。

風邪で鼻が詰まって…なんていうときも、ユーカリはオススメです。

上手に使って、癒し空間を作ってくださいね。

加湿器にはどんな種類があるの?

冬になると大活躍する加湿器。

どんな種類があるのでしょうか?

調べてみました。


加湿器は大きく分けて3種類があるのだそうです。

スチーム式の加湿器(スチームファン式とも言うそうです)、超音波式の加湿器、気化式の加湿器の3種類です。


スチーム式(スチームファン式)の加湿器は、お湯を沸かしてその蒸気で部屋を加湿するという特徴があります。

私が小さいころ、実家ではストーブの上にやかんを置いていましたが、それと同じ原理です。

このタイプの加湿器の長所は、加湿能力が大きいことと、沸騰させた蒸気で加湿するので雑菌などは死に、衛生的であるということがあげられます。

欠点といえば、噴出し口が熱いので(最近は熱くないものも開発されているようですが)、赤ちゃんや子どもがいる家では危険だということです。


超音波式の加湿器は、水を超音波振動によって細かくして、それをファンによって噴き出すというものだそうです。

長所は、加湿能力が大きいこと、加湿器自体が安価なことです。

しかし、水の成分そのままが噴出してくるので、きちんとタンクの掃除をして清潔に保たなければいけません。


気化式の加湿器は、水をフィルターの中を通して蒸発させるのだそうです。

長所は、熱くもならないし、フィルターを通すので、雑菌やミネラル分が噴出されるということもないようです。

フィルターのお手入れはきちんとしておかないと、カビが繁殖したり水が腐ってしまったりするそうです。

それと、フィルター自体の寿命があります。


それぞれ一長一短のようですので、自分に合った加湿器を選ぶといいですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。